So-net無料ブログ作成

玄葉氏、政調会長兼閣僚…蓮舫氏は行政刷新相(読売新聞)

 菅新首相は7日午前、閣僚・党役員人事の概要を固めた。

 新たに党政策調査会長に玄葉光一郎衆院財務金融委員長を起用し、公務員制度改革、少子化担当の閣僚と兼務させることが内定した。国家戦略相に内定していた荒井聰首相補佐官は消費者、経済財政担当を兼務する。蓮舫参院議員は行政刷新相に内定し、岡田外相ら11人は再任する。民主党新執行部は7日に発足する。菅氏は8日に組閣を行い、同日中に国民新党との連立政権を発足させる。

 菅氏は7日午前、都内のホテルで、官房長官に内定した仙谷由人国家戦略相、荒井氏らとともに、党役員・閣僚人事の最終調整を進めた。党幹事長には枝野幸男行政刷新相、国会対策委員長には代表選で菅氏に敗れた樽床伸二衆院環境委員長を充てることがすでに決まっている。

 民主党は7日夕から国会近くの憲政記念館で両院議員総会を開いて役員人事を承認する予定だ。その後、枝野氏らが記者会見を行う。

 蓮舫氏を行政刷新相に起用するのは、行政刷新会議の事業仕分けで取りまとめ役の一人を務めた同氏を新内閣の前面に押し出すことで、参院選に向けて、税金のむだ遣い一掃に取り組む姿勢をアピールする狙いがある。玄葉氏は、男女共同参画や、鳩山首相が提唱した「新しい公共」も担当する。

 参院枠の松井孝治官房副長官は再任する方向だったが、首相官邸の外交機能を強化するため、福山哲郎外務副大臣を充てることが内定した。衆院枠の官房副長官には古川元久内閣府副大臣が内定し、古川氏の後任には平岡秀夫衆院議員を充てる方向だ。

 幹事長代理には、小沢幹事長のもとで党運営の中枢に携わった細野豪志副幹事長を起用する。参院選を取り仕切る選挙対策委員長には安住淳衆院安全保障委員長の起用が内定した。安住氏は小沢氏と距離を置いており、選挙戦略でも「脱小沢」が進む可能性がある。このほか、副代表に山岡賢次国対委員長と石井一選対委員長を充てる。石井氏は、菅氏が本部長となる参院選対策本部長代理を兼務する。

<自殺>「いじめられた友を救えず」と中3男子 川崎市で(毎日新聞)
「枝野幹事長」固まる 菅新首相、反対論応ぜず 蓮舫氏は消費者・少子化担当相 (産経新聞)
住居侵入容疑で市職員逮捕「下着盗もうとした」(読売新聞)
<変死>左胸に包丁刺さった男性 大阪のマンション(毎日新聞)
絶対難視世帯にBSチューナー貸与 NHK(産経新聞)

アユ 多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)

 川崎市多摩区のそば店「蕎麦酒房 笙(しょう)」が提供する多摩川の天然アユのてんぷら料理が、話題を呼んでいる。多摩川のアユは高度成長期の水質悪化で姿を消していたが、近年は遡上(そじょう)が増加。冷凍ものも含めれば、年間を通じて提供できるようになったという。地元住民らは「食文化の復活」と喜んでいる。

【関連記事】多摩川:アユの遡上ピーク

 調布市郷土博物館(東京都)などによると、多摩川のアユは江戸時代、幕府に献上されるほど姿や味が良く、庶民にも親しまれた。昭和30年代までは、現在の京王多摩川駅(調布市)周辺にアユを出す料理屋や旅館が軒を連ね、客が屋形船で漁の見物を楽しんだ。

 1970年代には、家庭排水の垂れ流しなどで遡上は見られなくなったが、多摩川水系に10カ所の下水処理場が整備された結果、水質が改善。近年は平均で年約100万匹が遡上しているという。

 中流でアユ漁を続ける川崎河川漁協によると、年間を通じて天然アユが食べられるのは「笙」だけ。昨年3月からメニューに加えたところ、「本当に多摩川でアユがとれるのか」「多摩川のアユ料理は懐かしい」と話題になり、年1200食が出る人気となった。

 料金は約18センチのアユに野菜を添えたてんぷらが480円。経営者の阿佐美笙子さん(66)は「川の復活で天然アユが食べられるようになってうれしい」と話している。【竹内良和】

【関連ニュース】
【写真特集】水に生きる仲間たちがたくさん 毎日水族館
【写真特集】稚アユや卵の珍しい写真も
【特集】郷土料理のページ 川魚もいろいろ
アユ漁:解禁に太公望次々…大分・日田の玖珠川
アユ漁:解禁…1500人が清流に糸 静岡・興津川

<東京都条例改正案>性的漫画規制、民主が反対方針(毎日新聞)
長崎漁船、沈没原因 「減速不足、波の頂上で不安定に」(産経新聞)
山田氏、東京から出馬 日本創新党が結党大会(産経新聞)
「選挙戦えない!」民主の参院改選組から悲鳴(読売新聞)
[DS] 『サカつくDS ワールドチャレンジ2010』のTV-CMが今日から公開

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。